HHKB用セパレート型ウッドパームレストを買った

f:id:nimbus_iii:20210117213305j:plain

HHKBは良いキーボードですが、良いパームレストと組み合わせてやるとさらに快適になります。特に長時間のタイピングにおける疲労が全然違ってきます。

そんな中、HHKBロゴを刻印したセパレート型のウッドパームレストが発売されたことを知ったので、早速購入してみました。

バード電子のWP-90-WN セパレート型ウッドパームレストです。

f:id:nimbus_iii:20210117213327j:plain

簡易包装ながらも雰囲気のあるパッケージ。

f:id:nimbus_iii:20210117213350j:plain

素材は無垢のウォールナット。天然木なので、一個一個違った杢目が楽しめます。綺麗に面取りされており、肌触りもグッド。サイズは約80×90×13.5mm。

f:id:nimbus_iii:20210117213409j:plain

滑り止めを兼ねたゴム足は、4mm高と2mm高の二種類が付属。組み合わせるキーボードや好みに応じて高さを調節できます。

f:id:nimbus_iii:20210117213424j:plain

4mmのゴム足を使うと、HHKBと高さがぴったり。(うちのHHKBは吸振マットを貼ってるので、アクリル製キーボードブリッジで高さを合わせてます。参考程度に)

f:id:nimbus_iii:20210117213444j:plain

2mmのゴム足を使うと、REALFORCE R2と高さが合います。(REALFORCEにこの小型パームレストを合わせる必要があるかどうかはさておき……)

f:id:nimbus_iii:20210117213845j:plain

おそらく競合製品となるであろうFILCOのウッドパームレストと比較。ゴム足の高さはどちらも4mm。

FILCOのウッドパームレストは、手前側が低く、キーボード側に近づくにつれて高さが増す形状。バード電子のセパレート型はフラット。いちばん低い部分の高さがほぼ同じなので、FILCO製品のほうが全体では若干高くなります。形状に関しては好みと慣れの問題かと。

FILCO製の素材はタモ材でした。こちらも家具などに使われている高級材。ただ、FILCO製のウッドパームレストの素材は、最近、北海道産天然木というのに切り替わったみたいです。

FILCO製のウッドパームレストも人気の高い製品なのですが、尊師スタイルに使えるサイズのものは、単体では売られて折らず、『L size 分離型(3分割)』というものを2セット購入して、真ん中のパーツのみを使用するという贅沢な使い方をしなければならないため、非常に割高になるのが欠点でした。

その点、バード電子のセパレート型は1セットで尊師スタイルに必要なピースが揃うので、選択肢が増えるという意味でとても嬉しいです。尊師スタイルに限らず、小さな分離型キーボードなどにも使えそう。

f:id:nimbus_iii:20210117213924j:plain

実際にMacBook Pro13インチと組み合わせてみたところ。バード電子製のキーボードブリッジと吸振マットを装着しているので、HHKB側がちょっと高くなってます。

尊師スタイルで使う場合は、MBPのトラックパッドと干渉しないように、ゴム足を少し内側に取りつけるといいそうです。

f:id:nimbus_iii:20210117213946j:plain

個人的におすすめの使い方として、KensingtonのExpert Mouse(トラックボール )と組み合わせるとメチャメチャいい感じです。Expert Mouseには専用パームレストが付属しているのですが、ウレタン製で長く使ってるとへたってくるので木製のちょうどいいやつが欲しかったのよ。

ひとまずそんな感じです。

耳をふさがないイヤホンSBH82Dがリモートワークで快適すぎた

f:id:nimbus_iii:20210115155302j:plain SONYのオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D。2019年6月発売の古い製品だけど、最近買って大満足したので、もっとたくさん売れて欲しくて紹介します。

軽量(26g)、ワイヤレス、オープンイヤー型ということで、装着してるのを忘れるくらい気にならない。半日くらいつけっぱなしでも耳が痛くならない(と思う)ので、リモート会議を頻繁に行う人にはぜひおすすめしたい。

f:id:nimbus_iii:20210115160004j:plain

メガネにまったく干渉しないので、耳が痛くならないのもグッド。あとは密閉型のヘッドセットを使ったときの、自分の声がこもる感じがないのがとてもいい。

f:id:nimbus_iii:20210115155332j:plain

リングサポーター部分は、耳のサイズに合わせて大中小の3種類が入ってます。耳を塞ぐイヤーピースじゃなくて、落っこちないように引っかけておくためだけの部品。デフォルトのやつだとちょい大きかったので、俺はいちばん小さいやつに交換しました。

商品の細かい仕様は、ソニーショップのスタッフさんのブログに詳しいのでそちらで。

tecstaff.jp

なお音質はそれなりなので、音楽をがっつり聴く用途にはほかの製品をオススメします。 ……音漏れするしね。

Anker SoundsyncでBluetooth非搭載の車載オーディオをBT対応に

f:id:nimbus_iii:20210114105106j:plain

さよならiPod Classic

これまで車に乗ってるときは、iPod Classicを使って音楽を聴いてました。

iPod Classicのいいところは操作系がアナログスイッチになっていることで、タッチパネル端末と違って手探りで操作が可能なので、運転中によそ見をする必要がないことです。
またヘッドホン端子がついているので、AUXケーブルが一本あれば、だいたいどんなカーオーディオにも接続できて、ペアリングなどの面倒な手続きも不要。

なのですが、音楽のネット配信やサブスクなどが一般的になった現在、ネットワーク非対応のiPod Classicで音楽を聴くのはさすがに限界かなーと感じておりました。

そもそもiPod Classicって10年も前に生産終了してて、バッテリーもそろそろ寿命ですしね……。

しかしスマホの曲を車で再生しようにも、運転中にFaceIDの顔認証とかやってられないし、タッチパネルを操作するの危ないし、今のiPhoneにはヘッドホン端子がついてないし、うちのカーオーディオはBluetoothにも対応してねえ。詰んだ。

というわけで、Anker Soundsyncです。

Anker SoundsyncでBluetooth非搭載の車載オーディオをBT対応に

Anker Soundsync Bluetoothレシーバーは、スマホなどのBluetooth対応機器から送られてきた音声を受信して、AUX端子から出力するワイヤレス受信機。

要はこいつを取り付けることで、Bluetoothに対応していないスピーカーやヘッドホンにもBluetoothで接続できるようになるというわけです。

f:id:nimbus_iii:20210114105241j:plain

本体は重さ12g。180mAh・3.6Vのバッテリーを内蔵していて、12時間の連続使用が可能。Bluetooth規格は5.0で、ハンズフリー通話にも対応。試してないけど、同時に最大2台のBluetooth機器に接続可能とのこと。

運転する前に自宅などでの充電が必要になりますが、めちゃめちゃ小さくて軽いので、持ち歩くのはまったく苦になりません。どちらかといえば、すぐになくしそうなのが心配なくらい。充電端子はmicro USB。充電時間は2時間です。

f:id:nimbus_iii:20210114105416j:plain

付属品は充電用のmicro USBケーブルとAUXケーブル、直差し用のAUXプラグが各1本。

一度ペアリングしてしまえば、音楽の再生、停止などの操作や音量調節などはすべてスマホ側で行えます。つまり運転中にSiriなどの音声アシスタントを使って聞きたい曲を呼び出したり、スキップやリピートなどの操作が可能ということです。これは手探りでiPodや車載オーディオを操作するよりさらに安全かも。

最近はレンタカーやカーシェアなどで車を一時利用する機会も増えてますが、そんなときもこいつを持ち歩いておけば、ペアリング作業不要で、いつでも自分のスマホ内の音楽が再生できます。便利。

もちろんカーオーディオに接続するだけでなく、Bluetooth対応していない古いスピーカーに音を飛ばすこともできるので、自宅でスマホやポータブルオーディオの曲をいい音で聞きたい、という用途にも使えると思います。

一カ月ほど使ってますが、電源を入れるとすぐにスマホに接続されるし、使用中にBluetoothの接続が途切れるようなこともなく快適です。

こんなことなら、もっと早くiPodから乗り換えておけばよかったな、と。

ひとまずそんな感じです。

Paperlike HDを買った③(設置編)

これまでのあらすじ。

PC用E inkディスプレイPaperlike 3 HDはセカンドモニタとしての使用が推奨されているため、モニターアームを利用して、通常の液晶ディスプレイと縦2画面で配置しようと目論む俺。しかしそこに予期せぬ障害が……

というわけで、ここからはおまけというか、思わぬトラブルでPaperlike 3 HDの設置に手こずってしまったので、その顛末です。

f:id:nimbus_iii:20210111145739j:plain

Paperlike 3 HDの背面には、VESA規格(75mm×75mm)のネジ穴があり、それを利用してスタンドやモニターアームに取り付けることが可能です。

ネジ穴の径はちょっと特殊で、製品付属のネジでないと使えません。なくさないように……。

マウントプレートは直付けではなく、本体との間に少し隙間があります。この隙間の存在が、のちに私の窮地を救ってくれることになります。

今回使用したモニターアームは、サンワダイレクトの100-LA043という機種。水平垂直の3関節で、移動の自由度が高いのはもちろんですが、アームを支柱に取り付けるタイプなので、高い位置にモニタを固定できるのが最大の特徴です。

最近はスタンディングデスクなどを使って立ち姿勢で仕事をするのが流行ってますが、この100-LA043を使えば、普通のデスクでも立った状態の目の高さにモニタを設置することが可能です(モニタ1台用の100-LA058もあります)。

あと、このシリーズはワンタッチでアームからモニタを取り外せるので、必要に応じてPaperlikeを持ち運び、ほかのPCで使うことも可能です。寝っ転がって電子書籍を読みたいときなどにメッチャ便利。

だがここでまさかの落とし穴が!!!!

実は100-LA043の耐荷重は2kg〜10kgで、取扱説明書にも、2kg未満の機器は設置しないように、との注意書きがありました。

そしてPaperlike HDは本体760gしかない……。

その結果どうなるかというと、アームのガス圧が強すぎて、保持強度を最弱に調整してもディスプレイの位置を下げることができないのです(下げても勝手に上がってしまう)。そのせいで、せっかくアームを買ったのに、Paperlike HDを設置できないという、まさかの事態が。

その悲劇を回避するために、急遽、DIYで対策しました。

f:id:nimbus_iii:20210111145938j:plain

要はPaperlikeの重量が軽すぎるのが問題なのだから、2kg以上になるように増量してやればいいのです。しかしPaperlike HD本体は軽量なプラスチック筐体のため、何kgもの負荷がかかるような無理な改造は避けたい。

そこでアームに付属してきたVESAマウントプレートに、重りを装着することにしました。10kgまでのディスプレイに対応しているのだから、マウントプレート自体の強度はバッチリです。

具体的に行った対策の様子。二重リングをVESAマウントの余った穴に通して、ワイヤーロープを張りました。マウントプレートと本体の間に十分な隙間があってよかった……!

f:id:nimbus_iii:20210111150037j:plain

重りとして健康器具のアンクルウエイト(2kg)を装着。重量はありますが、ビーズクッションみたいな肌触りで柔らかいので、万一落下したときにも安心。マジックテープで固定しているので、取り外しも簡単です。

f:id:nimbus_iii:20210111150105j:plain

さらに予備の重りとして、ダイソーで買ってきたリストウエイト(250g×2)を左右に装着。どれか1個が脱落しても、突然アームが動いて怪我を誘発するような可能性を最小限に抑えています。

f:id:nimbus_iii:20210111150138j:plain

結果モニター部の重さが3kgを超えて、アームの挙動が安定しました。これでようやくモニターを縦2枚設置可能に。上段の液晶は、LGの23.8インチです。

f:id:nimbus_iii:20210111150157j:plain

セッティングを終えたところ。デスクの上にキーボード台を置いて、立った状態で作業ができるようになっています。

右側にあるのは、Paperlikeを照らすためのデスクライト。配線があちこち剥き出しになっているのが気になりますが、しばらく使ってみて問題なければ、ケーブルの隠蔽を考えます。今はもうケーブルを隠す気力が残ってないので……。

まとめ

本日のブログはすべてPaperlike 3 HDで執筆しましたが、レスポンスに苛ついたり、ストレスを感じることはほとんどありませんでした(表示色の設定変更や、定期的な画面のリフレッシュは必要)。本当にE inkディスプレイも実用レベルになったなあ、と実感しています。

ひとまずそんな感じです。

Paperlike 3 HD 13.3インチEinkセカンドモニター

Paperlike 3 HD 13.3インチEinkセカンドモニター

  • メディア: エレクトロニクス

Paperlike HDを買った②(画質編)

前回(開封編)からの続きです。E inkディスプレイ Paperlike 3 HDについて。

f:id:nimbus_iii:20210111132020j:plain

Paperlike 3 HDの解像度は2,200×1,650px(207ppi)。Dot By Dotだとさすがに文字が小さすぎるので、テキスト入力の際には、200%表示(1,100×824)くらいが実用的かと思われます。

f:id:nimbus_iii:20210111132051j:plain

200%時の画面表示はこんな感じ。画面を眺めているときは、はっきり体感できるくらい目が楽です。ただしE inkディスプレイは紙と同様に反射光で表示しているため、周囲の環境によって見やすさが大きく変わります。可能であればデスクライトなどを用意して、画面を照らしてあげると良いかも。照明の映りこみなどを、ほとんど気にする必要がないのはメリットです。

画像で見てわかるように、コーディング目的でPaperlike 3 HDを使用する場合は、シンタックスハイライトの色を調整する必要があるかもしれません。また、ダーク系のテーマはおそらく実用に耐えないかと。そもそも画面が発光しないので、ダーク系テーマを使う必要もあまりないですが。

逆に画像を扱う場合には、解像度の高さが存分に活用できます。実用的な使い途としては電子書籍、特にマンガの閲覧に向いています。4:3という画面のアスペクト比も、マンガ単行本を見開き表示した場合に余白が少なくバランスが良いです。

f:id:nimbus_iii:20210111132130j:plain

しげの秀一『MFゴースト』10巻より。画像はiPhone12のカメラで撮影したものです(環境光のみ。未加工)。

f:id:nimbus_iii:20210111132153j:plain

ほぼ同サイズ(12.9インチ)のiPad Proと比較。アスペクト比も同じ4:3。

コントラストはやはりiPadが鮮明ですが、Paperlikeをずっと眺めていたあとiPadを見ると、「うわっ、眩しっ」ってなります。長時間の読書だと目の負担が心配かも。

f:id:nimbus_iii:20210111132212j:plain

あfろ『ゆるキャン△』11巻より。画像はiPhone12のカメラで撮影したものです(環境光のみ。未加工)。

f:id:nimbus_iii:20210111132233j:plain

同じくiPad Proと比較。中間色の表現が巧みな漫画家さんですが、Paperlikeもかなり再現を頑張っているのではないかと。ただ、やはり解像度やコントラストでは、紙書籍が圧倒的ですね。

結論:画質にこだわるなら紙で買え。

続きます。

Paperlike 3 HD 13.3インチEinkセカンドモニター

Paperlike 3 HD 13.3インチEinkセカンドモニター

  • メディア: エレクトロニクス